Home » Learning » ソフトの使い方 » Illustrator » Illustratorで作る3Dテキストのチュートリアル10選

Illustratorで作る3Dテキストのチュートリアル10選


以前はPhotoshopでしか出来なかったような高度な3D効果も、最近ではIllustratorで充分に作れるになりました。今回はロゴデザインやタイポグラフィのアイディアにぴったりのチュートリアルをご紹介します。


 

1.Grungy 3D Text
Illustratorで作る3Dタイポグラフィ。

 

 

2. Creating Swrily Type

3Dとはちょっと違うのですが、ラフなタイポグラフィの描き方。

 

 

3. Create a Bending 3D Text

こちらもIllustratorの3D効果を使ったタイポグラフィの作り方

 

 

4.Gradient Strokes
Illustratorのアピアランスの設定で光彩をつけていったタイポグラフィ

 

 

5. 3D Grungy Text Effect

コチラもアピアランスパレットの設定でグラデーションを設定していきます。Photoshopなしでここまでできるんですね。勉強になるチュートリアルです。

 

 

6. Transfuchsian

3D効果を使います。その後の処理の仕方がとても上手いです。

 

 

7. 3D Flowery Text Effect

3Dタイポをバランスをとって組み合わせているところがすごい。バランス感覚の参考にも◎

 

 

8. Create a Silky Ribbon Text Effect

リボンで描いたようなタイポグラフィ。細部までこだわっています。

 

 

9. Create an Environmentally Friendly Green Type treatment

葉っぱのイラストとタイポを上手く組み合わせたタイポグラフィ。ロゴデザインにもあいそうです。

 

 

10. Folded Paper Text Effect

折り紙のようなタイポグラフィ。細かい作業ですが、クオリティが高いデザイン。

 

 


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>